BLUEWISH†希望の花†

アルカディアサーバーで活動しております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!

(・_ゞ) ゴシゴシ…ネムイ
仕事がハードでなかなかコルムと両立きついです。
こんばんわ薔薇です。

LVあがりましたので、SSを?ヽ(´▽`)ノ128


128です。やっとあがりました^^;次も時間かかりそう・・・Orz
さっさと130チョットまであげたいなぁ・・・休みの日に頑張るぞー!...((((=・o・)ノ
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コルム | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<(=´ω`)人(゜ω゜=)ぃょぅ | HOME | ヽ(・∀・)ノ>>

この記事のコメント

おめでと~w

私も頑張らなければ、マッチングできなくなる><

(*`□´)ノォー
2006-11-02 Thu 00:44 | URL | 菊 #-[ 編集]
おめでとうw
私も狩りはじめます♪

レベルあげるぞぉ~♪オー!w
2006-11-02 Thu 10:03 | URL | ルシ #-[ 編集]
「レベル、上げてしまったんですか!!!!????」

多分、僕の火力が微妙に上がっていたのだろう。はい、上げました。長かったです。と答えた。
すると、「うちのゲームは初めてですか?(答える間もなく)何故レベルを上げたんですか?
マイレを使う前に何故レベルを上げたのですか? ルールがあるじゃないですか。まずマイレをというルールがあるじゃないですか!」
と露店が見えない状態のまま一気にかましながら、致命的なバグも直さずにこう言った。

「アイテムを復旧することは出来ません。マイレを使わない人はお帰りください」
唖然とした。「だってもうすぐレベルが上がるから、上げちゃいけないなんて書いてないから上げました。
じゃあ、今から二倍を使いまくりますよ。で、130を目指しますよ。それでも駄目なんですか?」と訊ねたら、また同じことを言われた。
ニカクを見たら、ニカクは「あちゃー」という顔で奥でもじもじしている。
そっか、わかった。次はゲツヤさんだ。3秒ほど無表情で見詰めたら、反応があった。
「お客さんはなぜプレイするのですか? そう思うならなぜプレイするのですか? そう思うならなぜプレイするのですか? そういうことです。そんな神経の人にレベルを上げてもらっては困るのです」
ここでまた運営がかまし始める。
「うちはバグも直さずに必死にやっているのですよ。マイレを使ってくれないなら、やっていけないんですよ。
マイレを使ってくれないと続編を作れないじゃないですか? そんな人にマイレを使わずにレベルを上げられたら、もう終わりなんですよ、はぁーはぁーはぁっ」
2006-11-02 Thu 15:08 | URL | タソタソ@元気一杯 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-11-02 Thu 19:08 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。